第一章9


「勇者一行の才能を……」

 レーデッドは、フィードの言葉を反芻する。
 その事実は、ただの事実ではないこと??それはレーデッドも分かっていた。ハイダルク王家に代々伝えられている、伝説とも近しい話だ。

「勇者の再現となっているということは……、この世界に何か起きるということなの?」

 ミリアの言葉に、ライラは頷いた。

「そうであってほしくないのは事実だ。けれども、伝承は伝承だ。或いは、運命とでも言えば良いのかな……」
「いや、ほんとうにそんなことが?」
「信じられないか?」

 フィードは、首を傾げる。

「確かに、予言の勇者によって世界が救われてからの三百年、平和な時代が続いていた。だからこそ、人々は安寧を享受し、そして平和が標準であると錯覚するようになった。そんなことは有り得ないのだけれどね。平和になっているのは、偶然均衡が取れているだけに過ぎない。均衡が崩れることは、どんな些細な原因でも有り得る。それこそ、赤子がちょいと触れるだけでも崩れるぐらいに」
「しかし……」

 レーデッドは信じられなかった。
 確かに、伝説は伝説だ。
 されど、その条件が成立したからといって、その後の話も同じになるはずがない。
 そんなことは有り得ない??と。

「……勇者は、二千年のうち一度しか生まれなかった。何故だか分かるか?」

 フィードは頭を掻いて、そう訊ねる。

「?」
「勇者は、人々が望まなければ出てこない……んだよ。だから、勇者は生まれた」
「人々が望まないと??生まれない?」

 レーデッドの言葉は、至極尤もな疑問だった。
 勇者が生まれる理由は、世界に危機が迫っているから??そうではなかったのか。
 しかし、フィードの言葉は、それと比べると大いに矛盾する。

「祈祷師と呼ばれる存在は、知っているか?」
「祈祷師……。確か、ガラムドを祖先に持つ、未来予知の力を持つ一族のことだったか」
「さっき言ったオール・アイも、祈祷師だと言われている……。そいつは世界の全てを理解し、世界の全てを把握し、世界の全てを監視している。そんなことをしていて、何が面白いのやら。つまらないような気がするがね、寧ろ。世界を全て理解した上で、それを監視しているんだぞ? その日のうちに起きる出来事が百パーセント全て分かっているのに、何故わざわざ監視する必要があるんだ」
「そりゃあ、まあ……」

 フィードの言葉も尤もだった。
 しかしながら、現実として――オール・アイ――全てを監視することの出来る存在が居るとするならば。

「……人々が、抗えない運命に抗おうとする様を楽しむため、とか?」
「……はっ!」

 フィードは、耐えきれずに笑みを零す。

「何がおかしいんだ?」
「いいや、何も。何もおかしくなんかいねえよ……。ただまあ、そうかぁ。こうも簡単に、真理に辿り着けるとはね。流石は、ハイダルクの王子といったところかな?」
「馬鹿にしているのか?」
「馬鹿にしていないよ。寧ろ、褒め称えたいぐらいさ、レーデッド……。きみが見てきた世界は、これほどまでに違う世界であるということ。それに漸く気がつけたのだからね」


◇◇◇


 夕食はつつがなく進められた。流石に夕食を食べているさなかでは、そういった小難しい話をする余裕もなければ、遠慮があった。食事を取っている時に脳を使っていては、美味しい食事も百パーセント味わうことが出来ないだろう。
 そういった配慮があったにしても……、レーデッドの脳内ではやはりフィードとライラから言われた言葉を、自分なりに解釈しようと四苦八苦していた。
 だから、あまり味がしなかった。
 レーデッドにとっては、食べたことのない庶民的な料理だらけであったのに。
 これからの未来を危惧していたのかもしれないし、ただ単に心配性なだけかもしれない。
 しかしながら、本来はそれが正しい反応なのかもしれない。
 それが誰にも気付かれなかったか、或いはバレバレであったのかまでは、彼には判断がつかなかったかもしれないが。


◇◇◇


 夕食が終わり、眠る準備を整えると、それぞれの部屋でのそれぞれの時間を楽しむことが出来る。
 ミリアもまた、微睡みの中で考え事をしていた。

「勇者一行の才能……」

 自分の持つ才能について、今まで深く考えることはなかった。
 ただ、勇者の血筋を引いているのだから、才能をどれか手に入れるのは当然のことである??そう考えていたからだ。
 しかし、それは大いに意味を間違えていた。
 いや、意味を間違えるように仕向けられていた??の方が正しい解釈かもしれない。

「何故、お父様もお母様もそれを教えてくれなかったの……? 勇者そのものの血筋は引いていなくて、つまりは予言そのものも起きる可能性は非常に低いってことを……」

 ひた隠しにしていた。
 勇者の才能を引き継ぎし存在が、ハイダルク王家から現れないことを。
 何故? 何故? ??何故?
 如何して、そんなことをしなければならなかったのか。
 隠さなければならない、何か別の事実があるのか??。

「真実を??知りたいか?」

 声がした。
 一人で考え事をしているはずなのに??この部屋には、自分以外誰も居ないはずなのに。

「誰……?」
「誰、って。気付かなかったのか? ずっと、この部屋に居るではないか」

 振り返っても、周囲を見渡しても??誰かが居る気配はない。
 ならば、誰かが透過魔術でも使って、視界を騙しているのか……。

「そんな訳ないだろ。……目の前に居る、いや、在るとでも言えば良いのかな?」

 目の前に??在る。
 その言葉で、何を意味しているのか、そして何が言葉を発しているのか??それらを全て理解した。

「もしかして……」

 ミリアは、視線をそこへ向ける。

「??そう、その通り」

 そして、答え合わせをするかの如く、それは、言葉を発した。
 彼女の目の前にあったのは、先程部屋で見つけた卵だった。
 しかし、その卵は先程見つけたそれとは違う、ある一つの特徴を兼ね備えている。
 口。
 卵の真ん中から少し下に、口が開いている。
 ケタケタと笑い声を上げて、卵は話し始める。

「……ああ! やっと気付いたか! 永遠に気付かないとばかり思っていたよ。まあ、気がつかなければそれまでだと思っていたけれども。さっきのが最後通牒に近かったか、どちらかと言えば」

 べらべらと、饒舌に喋る卵であった。
 そうして、喋る卵というのは滑稽ではあった??ミリアは最初こそそう思ったが、徐々に不気味が勝るようになっていった。

「……いったい、これは何なの?」
「世界は、卵から生まれた。それは知っているかな?」
「卵……」
「知恵の木の実。それは、世界が進化していく過程で生まれた偶然の産物に過ぎない。発展に発展を遂げた人類の文化が一度滅んだのちに、世界が変容を遂げた??その副産物だ。しかしながら、元を正せば、世界が生まれたのは……生まれたのは、たった一つの卵からだった」
「……それが、あなた?」
「そうかもしれないし、そうでないかもしれない。記憶は連続的ではないから」

 煙に巻くような発言ばかりを続けている、変わった卵であった。
 しかしながら、その変わった発言ばかりであったからこそ??ミリアは徐々にその雰囲気に入り込んでいった。

「……世界は、変容を遂げようとしている」
「それは、勇者が出現したから?」
「そうだ。勇者が出てきたから、世界は変わる。勇者が出てくること……それは間違いなく、世界にとっての転換点であることは間違いないからだ」
「……転換点」
「さあ」

 卵はニヤリと笑みを浮かべて??続けた。

「改めて問おう。……世界の真実を、知りたくはないか? ミリア・アドバリー」


前の話へ TOP 次の話へ